お問い合わせ

サンプリング・ティッシュ配り・ポスティング・街頭配布/全国対応で仕掛ける 販促プロモーションはスカイクルーズ

当サイトを観覧いただき有難うございます!営業本部の天川です。

弊社では主に「駅前やイベント会場等でチラシやサンプルの配布を行うサンプリング」と

ポストへチラシを投函するポスティング」の2つのサービスドメインを中心に集客サービスを

提供させて頂いております。

ポスティング  街頭サンプリング

2つのサービスにおいて「チラシサンプルを配る」という点では共通していますが、

アプローチの仕方、依頼方法はかなり違いがあります!

それぞれのメリット・デメリットもありますので、お客様の商材に対して

どちらのサービスが最適なのか、下記の項目で掘り下げてみましょう!

 

① アプローチ方法と配布数

ポスティングの場合≫市区町村や丁目単位の世帯のポスト数に対し配布する部数を設定します。

そのため広範囲で幅広い層へ訴求したり、範囲を指定して告知ができます。また、GISの活用

無作為ではなく根拠のある(ファミリー層が多い、持ち家が多いなど)エリア選定が可能です。

ポスティング商圏

ポスティング会社の多くは、軒並配布(戸建やマンションなど住居指定無し)という条件で

世帯数の7、8割程の割合でポスト投函しますので圧倒的な配布数が見込めます!

特に都心部では新聞購読者の減少で折込効かない、といった問題に対し効果を発揮します。

ポスティングは、沢山の方に見てもらう機会を作る効果的なツールです!

但し、配布選定先はあくまで住戸の種類までとなります。

 

サンプリング手渡しサンプリング反響率 

サンプリングの場合≫ターゲットが多く存在する場所と時間を定め、時間あたりの配布数を設計。

例えば「店舗に近い最寄駅・学生の集まるイベント会場・試験会場・オフィス街」などにおいて

一番アプローチしやすい時間帯に、スタッフがPRトークをしながらターゲットへ直接手渡すことで

無駄がなく、購買意欲を向上させたプロモーションが可能なので反響率の高い告知ができます。

サンプリングは、しっかりと設計していれば反響率がとても高いツールです!

但し、ターゲット層にのみ直接配布を行うので配布数はポスティングに比べて少ない。

 

② 実施期間と価格の関係

ポスティングの場合≫多くのポスティング会社が併配という条件(他のお客様のチラシと一緒に

配布する)で引き受ける事が多く、告知したい日を起点にして配布期間を設定し、

1週間~1か月の間で配布することが多い傾向にあり、期間に応じて単価も上下します。

ポスティングは、配布期間を長く設けても問題のない商材であれば価格が抑えられ

費用対効果が高い!但し、ターゲット層・日時を限定して依頼することが難しい。

サンプリングの場合≫計画の段階で日程・時間を設定していますので、ほとんどの場合が

事前に決めた日時に配布を行います。逆にその日に告知しないと意味がない効果が出ない、

というピンポイントな事案が多い傾向です。

サンプリングは、お客様の1案件に対して人選の手配・申請・準備を行い、容姿含めて

商材に合わせてカスタマイズできるプロモーションです、そのため見積項目が多くなります。

 

③ 費用対効果と反響率

どちらのサービスも「広告内容・販売する商品」で効果や反響率は異なります。

ポスティングの価格≫ 1部/2円~7円 × 部数・・・反響率 0.01~0.5%*

「配布条件により1部あたりの単価が変わります」

ポスティングの詳しい料金表はこちら

「雑貨店のオープン告知で反響率0.5%の集客に成功!」ポスティング事案

「古物買取の催事場へ月平均反響率0.3%の集客に成功」ポスティング事案

サンプリングの価格≫ 1現場/25,000円~   ・・・反響率 0.5%~3%*

「配布想定数により、スタッフ稼働数/価格が変わります」

サンプリングの詳しい料金表はこちら

「コスメ店舗で驚きの月平均高リターン率7.3%を達成!」サンプリング事案

「お弁当屋さんオープン、ティッシュ配布の反響率1.2%」サンプリング事案

 

ぜひ弊社のプロモーション事例も検討の材料にしていただき、

配布を行う前に販促設計の最適化」を行ってみてはいかがでしょうか!?

 

これまで御依頼を頂く中で、お客様にお喜び頂ける結果を残せた事案では、

①~③の部分でバランスが取れており、且つお客様から頂いた依頼目的に対して

ブレのない計画と実施がなされたときです。

 

是非一度ご相談下さい!